由宇中学校で「結愛セミナー」開催!

2月18日(金)に今年度4回目の「結愛セミナー」が開催されました。

マイヤーレモンで地域づくり!

今回は神東ファーム代表の瀧山 進さんが講師として招かれ、自身の故郷でもある神東地域でのマイヤーレモン栽培を通しての地域づくりのお話をしていただきました。

お話の中で瀧山さんは、
1「持続可能な地域づくり」を目指す

 これはどこの町や村でも同じ課題ですが、「過疎化や高齢化が進んでも、新しい就農者(入居者)を迎えることができたら、継続した地域づくりができる。」という内容です。そのために、

「耕作放棄地を活用して、高収益をあげられる特産品づくりに取り組む」

「高収益を上げることで、就農者を受け入れ、地域の活性化させる」

という目標を立てられました。

2耕作放棄地の活用

 神東地域だけではありませんが、耕作放棄地が多いのが課題でした。そして「荒れた農地は、負の遺産!」という言葉が強く印象に残りました。そのため最初に取り組んだのが、地域の耕作放棄地を耕すことだったそうです。

3高収益をもたらす物作り 

 高収益をもたらす作物の条件を4つ挙げていただきました。それは「物語性」「希少性」「五感に訴える」「ブランド力の開発」の4つです。

 マイヤーレモンは、地域の取組に支えられている(物語性)、西日本には産地が他にない(希少性)、香りが良く糖度も高くオレンジのようなレモン(五感に訴える)の要素を備えているので、今後はブランド力の開発に力を入れていかれるそうです。

瀧山さんから全校生徒にマイヤーレモンが3個ずつ配られました。ありがとうございました。

【とまっピーから一言】 瀧山さん、大変いいお話ありがとうございました。今回はコロナ対策ということで1年生だけで残念でしたが、将来の職業選択だけでなく、地域に住む1人としてすごく参考になりました。そのうえマイヤーレモンまでいただいちゃって!感謝!感激!です。

 生徒の皆さんも、アイキャンや新聞記者さんからの取材、大変でしたね。これからも頑張りましょうね!!

「由宇中学校で「結愛セミナー」開催!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。